f.e.a.r.ゲーを中心にリプレイ・シナリオを創作しているサークル、【黒薔薇の人】のBlogです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
C75戦利品レビューvol.3「クリスタルパッション」
2009-01-12 Mon 22:16
皆様こんにちはKANです。
このコーナーはレビューという名の感想文という名の雑記でC75で入手した戦利品を読んだ感想や思ったネタをツラツラと書いて話のタネにしていこうぜというレベルのレビューとは言えないレビューです。
ほら、同人誌も公式もだけど読むとそれについて語りたくなるジャン。

語りたくなりますよね!?

ま、そんなコーナーです。同じように読んだ方々と交流したり、今後買う際の参考などになれば幸いです。

今日紹介するのはこれ
「クリスタルパッション」
サークル”枝豆電波塔”さんのC75の新刊で、ダブルクロスのリプレイですね。
不思議の国のアリスをモチーフにしたキャンペーンのリプレイで3話収録されています。
表紙のデザインがとても素敵なのが印象深い作品です。
1話目
Alice the Wanderer
DX2nd初プレイのPL向けに書いたシナリオというわけでシナリオの筋書きは極めてシンプルなものだったんだろうとリプレイから推測できます。
シナリオに記載された事件の流れよりもPC同士での掛け合いが楽しいリプレイですね。
PC4のハンドアウトと導入のシナリオロイス”お魚くわえたドラ猫”はろくでもない(※注 褒め言葉)と思います。
普段何気に使用していてGM・環境にもよるけどデメリットがない《ワーディング》によって偶然事件が発生し野良オーヴァードの思いが事故を事件に変化する流れが素敵です。
あと、事件とキャラを分かりやすくするためのシナリオ用コードネームにツッコムのは反則だと思いますwww

2話目
Love for Alice
2年空きの続編ってことで微妙にキャラが変わってる印象が…特にPC1
急に光源氏計画を試みるシスコンお兄さんになってます。
《サイコメトリー》の演出が秀逸。物品と会話するって演出は面白いです、ハタからみると電波ちゃんにしか思えないところも。
ストーリーの方はPC3の自称刑事の設定をうまく拾ってふくらませた感じ、BOSSの印象がP4の彼に「似てると思ったのは僕だけでしょうか?

3話目
Hat up Alice
完結編になるのかな?
キャンペーンだとチョイ役のつもりの人に名前がつくと急に話が広がることあるよね。
やっぱりどこもシンドローム→相手のエフェクト能力推定でメタ行動を起こすようだ。ある種の鉄板能力があるから仕方がないとは思うけど…
理性的なジャームってのは自分の考えに固執してそれ以外を認めないという解釈はありだとおもうなぁ、故に説得が効かない→どうしようもないから最終的解決を使用
っていうのはDXっぽいと僕は思う、この部分に関しては受け入れれないPLもいるのでストーリーを変更したのは評価。個人的には永遠の平行線って言うラインの方が好みでしたが、難しいよね。
肝心のNPCがジャームだと考えたら平行線、ジャームではないと考えたら今回の流れになるのかな?
このあたりのテーマは掘り下げて使ってみたいと思ったので使わせてもらおうと思います。
EDのマロン(NPCのオーヴァード猫)のやりとりも好み
死体に対して生き返らせるかというのは残った者たちが考えることでしかないってのは蘇生系能力がある時に定番のテーマだと思うんですけどどうでしょう?
別窓 | 同人誌レビュー | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<C75戦利品レビューvol.4「1st rejend "Greece"」 | ROSIER NOIR/黒薔薇の人 | C75戦利品レビューvol.2「白銀の瞳2」>>
この記事のコメント
 枝豆電波塔のろでです。
 感想、本当にありがとうございます。感激ですー。
《サイコメトリー》で会話……やはり、レアですよね。
 うちのサークルではこんな演出がまかり通っているのですがorz
 普段、GMでやんちゃされているので、PC3でやんちゃしかえしたらGMにぺちっと怒られました(笑)>1話OP
 購入させていただいた、本はまだ読みきれていないです、すみません。
 読みきりましたら、こちらで感想を寄せさせていただければと存じます。
 夏にお会いできることをお祈りしております。
 ファイナルハーツの売りコミ共々応援しております♪
 この度は本当にありがとうございました~。
 
2009-01-13 Tue 23:17 | URL | ろで@枝豆電波塔 #8CPMHPWw[ 内容変更]
感想ありがとうございます
枝豆電波塔、「クリスタルパッション」GMのゆいです。
サイトへのご報告もありがとうございました。
こんなに詳しい感想をいただけて嬉しいです。

P4はやっていないので、似ているとかそのへんは分かりませんが……ある種のお約束なボスかと(笑)
3話のクライマックスは本当に悩んだんですが、
戦闘に入るタイミングのない平行線になりそうだったので
あのような形に落ち着きました。
理性あるジャームの演出って難しいとしみじみ思いました。

この度はご感想いただき、本当にありがとうございました!
2009-01-13 Tue 23:42 | URL | ゆい #dDm6s.8Q[ 内容変更]
>ろでさん
コメントありがとうございます。
《サイコメトリー》の遊び方はいい意味で斜め上の発想で面白かったので、あとでネタとして使ってみたいなと思ってます。
感想は頂いたら歓喜します、たぶん。
我々も夏の申し込みを済ませましたので、また、夏にお会いできることを期待しています。
お互い良い作品目指して頑張りましょう。


>ゆいさん
コメントありがとうございます。
P4の件は勝手思いこみではあるんですが、似た雰囲気の自分勝手な都合のみで行動して事件を起こしていながら初期状態では無害な協力者を装っているといった感じのキャラがいましてその、勝手さととかが似ていたんです。
理性のあるジャームというのは本当に難しいですよね。
暴走し理性を亡くした獣にしてしまえば駆除が明確なのですが、理性があって一見ジャームに見えないジャームというのはシナリオに深みを与えてくれるのは確かなのですが、倒すべき敵であると強調するのは難しいですよね。
僕の私見ですが、理性的なジャームというのは”絶対に自説を変えない人”的なんじゃないかなと思うんですよ。自分が正しいという結果が先に決まっていて話を行うわけなので、説得自体が不可能な形になるのかなと思うのですがいかがでしょう?
2009-01-28 Wed 21:48 | URL | KAN #N.5o6Rh6[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| ROSIER NOIR/黒薔薇の人 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。