f.e.a.r.ゲーを中心にリプレイ・シナリオを創作しているサークル、【黒薔薇の人】のBlogです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
DX3 RAS Vol.1 Re:Live
2009-12-21 Mon 16:07
ReliveSAMPLE

コードウェル博士による電波ジャック事件
UGNの尽力により“普通”の人々の記憶からは消え去ったが
それは日本中のオーヴァードを震撼させた。

UGNの創設者がUGNを見限り、荒れるオーヴァード達。
事件によりUGNは自身の脆弱要素を痛感した。

ヒトに隠れヒトと共存するために情報を隠匿する方針、
情報公開自体を武器とされたときに対応が賄いきれないこと。

情報統制の必要性を感じた日本UGNは急遽新たな支部を創設ことにした。

『情報戦対策用特別支部』

その創設の最中、支部への初任務となる情報が入る


Double†Cross The 3rd Edition
『Project ReLive』

変貌の先にあるものとは……



KANによるDX3 RASの第一弾
マスコミを使った支配を企むFH
激しい経済戦を繰り返すが効果もあげられず苦悩する日本UGN
「ティンときました。」
その一言から始まった霧谷雄吾の奇策
それはUGNプロダクションを運営するというものであった。

ドロリ特濃風味のシナリオとそのリプレイ。

アイマスファンの人いろいろとごめんなさい。


掲載内容
DX3 Replay
「Project Re:Live」
結成されたUGNプロダクション
しかしそこに集まったのは超絶色もの軍団だった。
外タレ枠を公言するボクっ子、オーラな泉の占い師……唯一まともに見えるチルドレンにプロデューサーとなった支部長は望みを託す。
しかし彼女の持ち歌は演歌だった。

Scenario
「Project ReLive」
同名リプレイに使用されたシナリオをさらに練り直してブラッシュアップ
FHエージェント“EXILE”は日本の情報基盤であるマスコミを利用し、国民を総愚民化・オーヴァード化を計画する。
その情報をつかんだUGNは新設された『情報戦対策用特別支部』へと調査解決を命ずる。
芸能事務所というカヴァーを持つ『情報戦対策用特別支部』は無事順調な運営ができるのだろうか?
その運命はプロデューサーとなった支部長の腕にかかっている。

Appendix
オリジナルクイックスタート4種
(公式クイックスタートとのコンバート可能)




別窓 | 既刊情報 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<Re:Live アフタープレイレポート | ROSIER NOIR/黒薔薇の人 | ひゃっほい!>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| ROSIER NOIR/黒薔薇の人 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。